ラッチフックラグのやり方

0 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では、ラッチフック(手芸)のやり方です。

まず、糸の真ん中をラッチフック針にかけます。

005.jpg

006.jpg

ラッチフック針をキャンパス地の結ぶ目の手前の上から下に入れ、向こう側の上に出します。↓

014.jpg

その時にフックは下側に下げておき、フックまで目に通します。↓

015.jpg

針を手前に引きつつ、糸をフックにひっかけ、針を手前に抜きます。↓

010.jpg

針を手前に引くと、自然にフックが上にあがり、うまい具合に糸を挟んで引き出してくれます。↓

011.jpg

012.jpg

コツがわかれば簡単です!

この要領でチャートを見ながら、左下から右に一目一目進んでいきます。


このキットの場合、生地に色がプリントされているのですが、
チャートと照らし合わせてみると、目が全然合っていないので
生地の色は気にせず、チャート通りに進めることにします。

そして付属のカラーチャートらしきものも、糸番号があっていないので
なぜこれが同梱されているのか、よくわかりません(^^;

今回のキットは色数も少ないので、完成図を見ながら色を合わせながらやれば
問題なく進めることができそうです。




ページトップ